スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽装ラブホテルを捜索 “器具隠せ”のメモも 大阪(産経新聞)

 一般のホテルとして許可を受けながら実際はラブホテルを営業していたとして、大阪府警保安課と都島署などは21日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、「ホテルもしもしピエロ」のNEO桜宮店(大阪市都島区)と泉大津店(大阪府泉大津市)、両店舗の経営会社(同府岸和田市)の事務所を家宅捜索したと発表した。

 捜索容疑は今年1~2月、風営法で営業が禁止されている区域で、室内にSM器具を設置するなど、事実上のラブホテルとして営業していたとしている。

 府警によると、捜索は20日午前から約6時間にわたり実施。行政の立ち入り調査時にはSM器具を隠すよう従業員に指示する内容のメモも押収しており、府警は両店舗がいわゆる「偽装ラブホテル」だったとみて、実質経営者の男(41)から事情を聴いている。

 「もしもしピエロ」は関西に計5店舗あるが、捜索を受けた会社はNEO桜宮、泉大津、岸和田の3店を経営している。

【関連記事】
氾濫する偽装ラブホ 過激グッズで集客も
児童買春の温床「出会い系喫茶」を規制対象に…警察庁
出会い系喫茶規制へ 偽装ラブホテル対策も強化
ホテル業界団体の代表務めるも… 偽装ラブホ経営で逮捕
【衝撃事件の核心】「偽装ラブホ」増殖中…元議員秘書もハマった巨大産業の“旨味”と落とし穴

茶髪、ピアスなど禁止令 日本水連決定に異論相次ぐ(J-CASTニュース)
トーゴ、SS船籍剥奪(産経新聞)
再雇用拒否、2審も教職員敗訴=日の丸、君が代訴訟-東京高裁(時事通信)
郵政各社、将来は株式公開=原口総務相(時事通信)
寺島しのぶさんに銀熊賞=田中絹代さん以来35年ぶり-ベルリン映画祭(時事通信)
スポンサーサイト

岡山・倉敷で母子3人刺される 同居の男を逮捕(産経新聞)

 25日午後5時半ごろ、岡山県倉敷市林の会社員、大崎利章さん(45)宅で火災があり、妻の峰子さん(38)と長男(14)、次男(7)の3人が刃物で刺されているのが見つかった。峰子さんは間もなく死亡、長男や次男は命に別条ない。火災は間もなく鎮火した。

 同居している大崎さんの弟(43)が軽乗用車で逃走し、児島署は倉敷市内で身柄を確保。「(峰子さんらを)刺して家に火を付けた。刃物は自宅付近に捨てた」と供述したため殺人容疑で逮捕した。

 児島署によると、逮捕したのは鉄筋工、大崎新市容疑者。峰子さんは背中を刺されており、長男や次男も肩や耳を切られた。

 近くのパート女性は、現場の民家から飛び出してきた少年が手から血を流しながら助けを求める姿を目撃。すぐに室内に入ると、裏手の土間で別の女性が血を流して倒れているのを見つけ、119番したという。

【関連記事】
女性殺害容疑で会社役員の男を逮捕
青森・六ケ所村の男性刺殺、殺人容疑で男逮捕
富士市で32歳主婦刺殺 「自分が刺した」と男が出頭 雇用めぐるトラブルか
中国人留学生が職員を刺殺 南仏の大学
父親の首刺し殺害、次男を逮捕 鹿児島・曽於

<日本原燃>炉内温度変化で耐火レンガ破損 核燃再処理工場(毎日新聞)
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者(時事通信)
<沖縄振興策>民間有識者を中心にした会議設置へ 政府(毎日新聞)
郵便不正 凛の会元会長に1年6月求刑 大阪地裁 「口添え依頼など役割重大」(産経新聞)
「テレビから懸賞に誘導」 QRコード広告企画に注目(J-CASTニュース)

【巨竜むさぼる 中国式「資源」獲得術】第2部 親中の現実(5)(産経新聞)

 ■台湾親善つぶす“先行投資”

 「中国から囚人が大量に送り込まれて、日夜、重労働させられている」。マラウイの首都リロングウェに、こんなうわさが広まったのは最近のことだ。

 リロングウェでは現在、国会議事堂、国際会議場、五つ星ホテルの大型建設が急ピッチで進む。施工しているのはいずれも中国企業だ。しかも労働者は中国人ばかりで、黙々と長時間労働に耐えている。きっと懲役で働かされているに違いない-こうした思い込みが独り歩きしたのだろう。

 3つのうち、国際会議場と五つ星ホテルの建設場所は官庁街にほど近い。ある在留邦人が昨年12月、その予定地を車で通過していて、あっと驚いた。

 確か昨日までここには森林があったはずだ。それが今、数百メートル四方にわたり木々が伐採され、更地になっている。たった一夜で森林が伐採されてしまった…。

 「環境保護団体が騒がないうちに事を済ませようと思ったのだろう」。地元ではこうした見方が多い。

 1月下旬、その伐採地を訪ねた。遠くに中華門が1つだけ残っていた。近づいてみると「TAIPEI GARDEN」とある。何と、この地には1986年に台湾によって整備された中華庭園があったのだ。

 マラウイは独立後、台湾との外交関係を維持してきたが、2007年12月、電撃的に中国と国交を樹立。台湾と断交した。中国本土より中国人が大挙押し寄せてきたのはそれからだ。

 そして中国は今、台湾とマラウイの親善の象徴だった中華庭園を壊し、マラウイ初の五つ星ホテルを建てようとしているのである。

                   ◇

 中国人の労働環境はどうなのか。ユヌス・ムッサ労働相(50)に聞いた。労働相は“中国人懲役説”を笑い飛ばし、「働いているのは中国人ばかりだというが、国会の建設現場ではマラウイ人も400人雇用されている」と指摘した。

 さっそく国会に向かった。安徽省の業者が施工する建設工事の大半が終了、中国人労働者は現在、数十人程度という。昼休み、マラウイ人の労働者たちが構内から続々と出てきた。

 賃金を聞いてびっくりした。午前7時から午後5時半まで働いて(昼休み2時間)1日250クワチャ(約150円)~。時給20円以下の世界である。

 市場では卵1個30クワチャ(約18円)、国産たばこが1箱150クワチャ(約90円)、マニキュア1個が1日の賃金と同じ250クワチャで売られていた。

 夜、町はずれに住む男性労働者(32)の自宅を訪ねた。裸電球がともるだけの居間に、母親と妻子ら家族5人が集まっていた。

 電気技師の彼は1日500クワチャ(約300円)もらっている。残業、休日出勤を重ねて毎月の収入は1万5千クワチャ(約9千円)ほど。ちょうど自宅家賃と同じ額で、食費は母と妻の労働に頼っている。

 「賃金は5年以上も前の水準。中国人は英語がわからないので、私たち現場の要望が伝わらないのです」 そこで昨年10月、賃上げを求めてストライキが実施されたのだと明かした。異例の事態は1日で終わったが、工事現場のマラウイ人労働者の8割ほど、約300人が参加したという。

 ただ、ムッサ労働相によると、マラウイの都市部の法定最低賃金は1日117クワチャ(約70円)で、中国企業の賃金は法律に違反しているわけではない。

 中国の林松添大使は昨年、これほど中国がマラウイを支援しているのに「マラウイ人は感謝していない」と失言、物議を醸したことがあった。大使がついもらした本音は、マラウイ人の間に不満が広がっていることの裏返しでもある。

                   ◇

 なぜ、中国は小国マラウイにここまで投資するのか。台湾の勢力圏を駆逐しようという中国外交の一環とする見方のほか、今後の資源採掘が期待される同国への先行投資とする意見もある。実際、マラウイでは09年から、北部の鉱山で年1500トン規模のウラン採掘が始まり、輸出額は全体の2割を占めるという。

 そして今年、アフリカ連合(AU)の議長に就任したのがマラウイのムタリカ大統領だ。これからAU関連の資金が必要になるマラウイに対し、中国がさらに影響力を強めようと動いてくるのは間違いない。(藤本欣也)

<千葉大生殺害>「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認(毎日新聞)
園部元判事証言、参政権推進派には大きな打撃(産経新聞)
富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
日医会長選、原中氏選対本部が公開討論会を提案(医療介護CBニュース)
東急電鉄運転士を逮捕=強制わいせつ容疑で警視庁(時事通信)

<転倒事故>電車ドアにステッキ挟まり男性骨折 東京・足立(毎日新聞)

 23日午後0時10分ごろ、東武伊勢崎線竹ノ塚駅(東京都足立区竹の塚6)で、中目黒発北越谷行き普通電車(8両編成)がドアに60代の男性乗客の組み立て式ステッキを挟んだまま発車し、ステッキを抜こうとした男性がホームで転倒、腰の骨を折る重傷を負った。

 東武鉄道(東京都墨田区)によると、同駅のホームに駅員はおらず、車掌は「男性が電車から離れ、ドアが正常に閉まったことを示すランプが点灯したため発車した。ステッキが挟まっているのは見えなかった」と話しているという。

 ステッキは二つに壊れ、取っ手は男性が持っており、残りは次の谷塚駅(埼玉県草加市)でドアのゴム部分(幅片側2センチ)に挟まったまま見つかったという。同社は「発車時の安全点検の徹底を指導する」としている。【石原聖】

インフル治療薬ラピアクタの小児適応を申請―塩野義(医療介護CBニュース)
<北海道ひき逃げ>容疑者を起訴 札幌地裁支部(毎日新聞)
トキ 求愛の「枝渡し」確認 3歳の雄と1歳の雌 佐渡(毎日新聞)
高速増殖炉「もんじゅ」運転再開 実用化は順調でも2050年(J-CASTニュース)
首相動静(2月19日)(時事通信)

<男女死亡>78歳妻を殺害後に自殺か…埼玉(毎日新聞)

 19日午後10時20分ごろ、埼玉県北本市東間5、無職、渡辺養惣吉さん(78)の次男(51)=宮城県=から県警鴻巣署に「父から『妻を殺してしまった。自分も死ぬ』と書いた手紙がきた」と通報があった。署員が渡辺さん方のマンションの部屋に駆けつけると、男女が倒れ、既に死亡していた。同署は、渡辺さんが妻千枝子さん(78)と無理心中を図ったとみて身元の確認を急いでいる。

 同署によると、男性は洋室で見つかり、首や両手首に切り傷があった。浴室から血の付いた包丁が見つかった。女性は寝室で布団にあおむけに倒れており、窒息死とみられる。次男が19日に受け取った手紙の消印は17日午前で、連絡がつかないため署に通報した。次男の話では、千枝子さんは認知症で目と心臓が悪く、渡辺さんが介護していたという。【平川昌範】

【関連ニュース】
無理心中:水頭症の長女を絞殺し父自殺か 愛知・小牧
無理心中:妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪
中津川5人殺害:26日に名古屋高裁で判決 判断に注目
市民in法廷:裁判員裁判 認知症の妻絞殺、夫に猶予判決「人ごとでない」 /東京
無理心中?:老夫婦が死亡 隣家の長女が発見--日光 /栃木

確定申告、全国でスタートへ=高橋英樹さん夫妻もe-Taxで(時事通信)
「いないいないばあ」 絵本画家の瀬川康男氏死去(産経新聞)
<ホッキョクグマ>引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)
65人が結核再検査 江東区(産経新聞)
<マータイさん>ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)

<容疑者に便宜>たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒(毎日新聞)

 神奈川県警監察官室は19日、鎌倉署の男性警部補2人が、恐喝未遂容疑などで逮捕された同県鎌倉市の男(30代)に、たばこを与えたり護送中に自宅に寄って母親に会わせるなどしたとして戒告の懲戒処分にした。小笠原晃室長は「取り調べの任意性を疑われる行為で、一歩間違えたら逃走の恐れがあった。誠に遺憾で再発防止に努める」と話した。

 同室によると、刑事課の警部補(60)は09年7月、取調室で男にたばこやせんべい、炭酸飲料を与えた。警部補は「過去の事件で顔見知りだった男に要求され、親心で提供した」と話したという。同10月、男が署に訴えて発覚した。

 また警務課の警部補(57)は同9月、男の手術前日に病院から戻る途中、男の自宅で母親と面会させた。「手術の同意書を取った」と弁解しているという。手錠などを付け、男と警部補の2人で自宅に入ったという。同僚が同月、上司に打ち明けた。【池田知広】

【関連ニュース】
警部自殺:「パワハラが原因」遺族が提訴 横浜地裁
強制わいせつ容疑:警部を逮捕 08年にも処分 福岡県警
わいせつ行為:容疑の埼玉県警巡査長を逮捕 神奈川県警
福島県警:警部補ら7人、犯人隠避容疑で書類送検
着服:博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に

「非出会い系」被害増加 福祉犯罪、9割が携帯から接続 警視庁(産経新聞)
女性転落 間一髪で救助…線路の間に寝かせ JR高円寺駅(毎日新聞)
ジュースとビール500円 ANAが水・お茶以外「有料化」(J-CASTニュース)
国会議員アンケート 論拠弱い賛成派 結びつかぬ「納税」と「参政権」(産経新聞)
【from Editor】テロで失われる命の尊さ(産経新聞)

3人死亡の火事で無罪=放火で起訴の男性-大阪地裁(時事通信)

 大阪市西成区で2007年、アパートが全焼し住人の男性3人が死亡した火事で、現住建造物等放火罪に問われた無職尾池治被告(61)に対し、大阪地裁は16日、無罪(求刑懲役18年)を言い渡した。
 同被告は「覚えていない」などと起訴内容を否認していた。 

【関連ニュース】
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か

除雪機事故で4歳男児死亡(スポーツ報知)
陸上部への移設 名護市長は反対 基地問題、首相と会談(産経新聞)
「日本国籍者に限定を」 参政権問題で国家基本問題研究所が提言(産経新聞)
【党首討論詳報】(6)公明代表「今年の確定申告済ませたか」(産経新聞)
長谷川等伯展 展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)

雪 関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)

 前線を伴った低気圧の影響で関東甲信地方では17日深夜から各地で雪が降り、東京都心でこの冬2回目の積雪を観測した。雪は18日昼前まで続く見込み。

 気象庁によると、18日午前7時現在の積雪は水戸市7センチ、山梨県富士河口湖町10センチなど。同日正午まで6時間の予想降雪量は▽山梨県10センチ▽茨城県、多摩地方から神奈川県西部5センチ▽東京23区を含む関東南部平野部1~3センチ--の見込み。

【関連ニュース】
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
大雪:東北、北陸に寒気直撃…京都・金閣寺雪化粧
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度

鳩山首相 子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
<無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒(毎日新聞)
<核密約調査>岡田外相「3月に結果」(毎日新聞)
個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで(時事通信)
「6カ国」再開へ連携確認=外国人地方参政権に期待-韓国外相(時事通信)

18歳少年疑念抱いた?「自分の子じゃない」…石巻市男女3人殺傷(スポーツ報知)

 10日朝に宮城県石巻市の住宅で男女3人が殺傷された(女性2人が死亡)事件で、未成年者略取と監禁の疑いで逮捕された解体工の少年(18)=石巻市=が、監禁した元交際相手の女性(18)との間に生まれた子供について“疑念”を持っており、これが事件の引き金となった可能性が浮上した。近隣住民が11日、明かした。県警石巻署捜査本部は同日、住宅の現場検証を行い、12日には少年を仙台地検に送検する。

 事件の引き金には、少女に対する少年の「疑念」が含まれていた可能性が浮上した。

 現場となった南部かつみさん(46)宅があるJR石巻駅北西部の新興住宅地の住民は「(少年が)『赤ちゃんが自分の子じゃない』って疑っていた、と聞いた」と証言。さらに、別の関係者は「重傷を負った男性と沙耶さんの関係に不快感を抱いていた」との情報も明かした。

 捜査本部などによると、南部さんの次女のアルバイト店員・沙耶さんと少年は、約2年前から内縁関係だった。住まいを転々としながら共同生活を送っていたが、沙耶さんは昨年2月から事件前日の今月9日まで少年からのドメスティックバイオレンス(DV)の相談を計12回、石巻署にしていた。ただ、被害届を提出することはなく「ヨリを戻しました」と順調な様子の時もあれば、顔に打撲によるアザをつくっていることもあった。

 別居と同居をくり返す過程で、昨年10月に女児が誕生。少年はブログで「(長女の)笑顔が見たい」ともつづっていた。だが、暴力が続いたため、沙耶さんは、姉の美沙さん(20)と美沙さんの友人の高校生・大森実可子さん(18)=いずれも死亡=、建設作業員の男性(20)=重傷=に相談を持ち掛けていた。

 事件前夜の9日夜も、少年が南部さん宅に一度現れたため、その後に大森さんらも訪れ、沙耶さんと長女、美沙さんの5人で同じ2階の8畳間で寝ていた。

 そして、翌10日朝に事件が発生。犯行の際、少年が就寝中の3人を問答無用でいきなり襲ったことも、明らかになった。美沙さん、大森さんは、それぞれ複数回刺されて死亡。男性も重傷を負った。沙耶さんは車で拉致され、少年の友人宅で監禁された。約6時間後に保護されたものの、左太ももには刃物による傷があった。監禁場所からは血が付着した包丁が発見されている。

 少年の小学校時代の同級生は「当時から人を殴ったりするヤンチャなところがあった。空手も習っていた」と語る。複雑な家庭環境で育ち、鑑別所に入っていた時期もあったという。一夜明けての調べに対し、少年は依然として容疑を否認しているが、捜査本部は殺人容疑での立件を視野に入れている。


 【関連記事】
未成年者 仙台地検 新興住宅地 を調べる

石川議員の辞職勧告案で対立=民主、採決要求を拒否-衆院議運委(時事通信)
<マータイさん>来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定(毎日新聞)
<長谷川等伯展>出品の国宝2点搬出 京都・智積院から(毎日新聞)
元Jリーガー、強盗と強制わいせつの疑いで逮捕 容疑否認 警視庁 (産経新聞)
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)

ソニー銀元社員、3700万円着服(読売新聞)

 インターネット専業のソニー銀行は10日、本店営業部に勤務していた20歳代の元男性社員が、顧客5人の預金口座から計3700万円を着服していたと発表した。

 同銀は元社員を昨年10月15日付で懲戒解雇し、警視庁に告訴した。着服金は全額、同銀が顧客に弁済した。

 発表によると、元社員はコールセンター業務を担当していた2008年9月~昨年8月、顧客5人のパスワードを不正に再発行して預金口座を操作し、数十回にわたって総額約3700万円を知人名義の口座に振り込んで、着服した。元社員は着服を認め、「借金返済に使った」と話しているという。

日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
<定住自立圏構想>全国23地域で形成される 総務省発表(毎日新聞)
「市町村負担金」廃止を=原口総務相(時事通信)
<訃報>須田信英さん76歳=元原子力安全委員会委員(毎日新聞)
<マータイさん>原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も(毎日新聞)

<吉村参院議員>国民新党に入党へ(毎日新聞)

 昨年12月に自民党を離党した吉村剛太郎参院議員(71)が国民新党に入党し、今夏の参院選に同党公認で福岡選挙区から立候補することが15日分かった。同党幹部が明らかにした。週内に吉村氏が記者会見して表明する。

 自民党は高齢などを理由に吉村氏の公認を見送り、県議の大家敏志氏(42)の擁立を決めた。これに対し吉村氏は無所属で立候補する構えをみせていた。

検察側、無罪論告へ=きょう結審-足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
<山梨市長選>竹越久高氏が無投票初当選(毎日新聞)
大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞)
時代劇ロケ地「流れ橋」、流れないよう新工法(読売新聞)
小沢氏、辺野古近くに土地…「普天間」合意後購入(読売新聞)

通報だけで死亡と判断=救急隊、出動させず-沖縄・宮古島(時事通信)

 沖縄県宮古島市消防本部で、「男性が倒れている」と通報を受けた指令情報課の男性職員(48)が、通報内容だけで死亡と判断し、救急隊に出動指令を出していなかったことが13日、分かった。男性(80)は約40分後に病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 同本部によると、職員は1月23日午前8時25分、「玄関先で男性が倒れている」と通報を受けた。職員が脈や呼吸、死後硬直の有無を確認したところ、通報した女性が「呼吸はない。死後硬直している」と答えたため、「警察に連絡するように」と伝え、救急隊を出動させなかった。
 同本部によると、こうした通報があった場合、原則として救急隊を現場に出動、判断させることになっているという。 

【関連ニュース】
生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます
オリックスの小瀬選手が転落死=沖縄・宮古島のキャンプ宿舎で
アパートで女性刺される=部屋に血の付いた包丁
9階から高1男子転落死=那覇
マンションで男性撃たれ死亡=暴力団幹部か、殺人で捜査

<フランス>本場もうなる「神の雫」 著名ソムリエ高い評価(毎日新聞)
<今尾の左義長>燃え上がる炎に無病息災祈る…岐阜・海津(毎日新聞)
アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
<爆窃団事件>香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
<浮島現象>タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)

<山本病院>男性の容体急変時に理事長が外出、飲酒(毎日新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」で肝臓手術を受けた男性患者(当時51歳)が死亡した事件で、業務上過失致死容疑で再逮捕された理事長で医師の山本文夫容疑者(52)が、男性の容体が急変した際に病院を出て飲酒していたことが病院関係者への取材で分かった。山本容疑者は執刀医と麻酔医を兼務していたが、連絡も取れなかったという。県警は、山本容疑者が適切な処置を怠ったことが死亡につながった可能性があるとみて調べている。

 山本容疑者と助手を務めた医師の塚本泰彦容疑者(54)は06年6月16日午前10時10分ごろから手術を開始。腫瘍(しゅよう)を摘出する際に肝静脈を損傷し、大量出血させた。病院関係者によると、山本容疑者は傷口を縫合した段階で手術室を出て近くの店に飲みに行ったという。

 しかし、男性は出血が止まらず、容体が急激に悪化。午後1時半ごろから、塚本容疑者と看護師が止血したり、赤十字血液センターから急きょ血液を取り寄せて輸血したが、心肺停止状態になった。

 塚本容疑者は男性を病室に移し、看護師や検査技師と約2時間にわたり心臓マッサージを続けたが、午後3時39分に死亡が確認された。この間、看護師が山本容疑者に電話で連絡しようとしたがつながらず、夕方に戻って来たという。

 当時病院に勤務していた関係者は「手術しておきながら、患者さんを診ないで飲みに行ったのは、医師としてあるべき態度じゃない」と話す。両容疑者は、男性の死因を「急性心筋梗塞(こうそく)」とし、医師法に基づく「異状死」の警察への届け出もしていなかった。

 山本容疑者の行動について、捜査関係者は「容体が安定するまではいないといけないのに出ていった。責任を果たしていない」と指摘している。【上野宏人、高瀬浩平、大森治幸】

【関連ニュース】
山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で
山本病院:「肝臓がん、もうかる」理事長、手術持ちかけ
奈良・山本病院の業過致死:患者死亡直前、不要ながん治療 診療報酬目的か

<雑記帳>バレンタインデーに京漬物を(毎日新聞)
<無保険>高校生救済7月に開始 対象は1万人 厚労省通知(毎日新聞)
<山口大不正経理問題>教授が2000万円流用疑惑(毎日新聞)
鳩山首相 小沢幹事長の続投確認(毎日新聞)
無人偵察機のエンジン停止=飛行試験中、落下処理-防衛省(時事通信)

<横浜事件>元被告の遺族に全額補償 事実上無罪判決 地裁(毎日新聞)

 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で、治安維持法違反の有罪が確定し、再審で免訴判決を受けた元被告5人の遺族に対し、横浜地裁は4日、請求全額の計約4700万円の刑事補償を支払う決定を出した。事実上の無罪判決といえる。86年の第1次再審請求から元被告側が求めてきた名誉回復を一定程度果たす決定となった。元被告側は、地裁が冤罪(えんざい)を追認した「司法の過ち」も追及、大島隆明裁判長は元被告の有罪判決について「警察、検察、裁判所の故意・過失は重大」と述べた。

 訴えていたのは、1945年に有罪が確定し、08~09年の再審で免訴となった雑誌「改造」元編集者の故小野康人さんと、中央公論社の故木村亨さんら4人の計5人の遺族。逮捕(43~45年)から出所までの579~846日について「事件はでっち上げ。激しい拷問で虚偽の自白を強いられた」として09年4~5月、刑事補償法が定める上限の1日当たり1万2500円(計4706万2500円)を請求していた。

 刑事補償法は、免訴理由がなければ無罪と認められる免訴判決の場合、拘置日数などに応じて支払うと規定。確定後には無罪判断の決定要旨が官報などで公示されるため、小野さんの再審判決(09年)で大島裁判長は「一定程度は名誉回復を図れる」と刑事補償手続きに言及していた。新たな再審請求の予定はなく、横浜事件に関する司法判断はこれが最後となる見込み。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
覚せい剤所持:名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
横浜事件:刑事補償、来月4日に決定 元被告遺族が請求、地裁が通知 /神奈川
無罪判決:名古屋地裁判決 玉岡・名古屋地検次席検事の話
無罪判決:被告に「責任能力なし」--名古屋地裁

成年後見制度付き高齢者住宅を整備 品川区(産経新聞)
木嶋容疑者、睡眠導入剤すりつぶして料理に混入か 遺体の成分と一致(産経新聞)
みんなの党「みんなで坂本龍馬です」に失笑(産経新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
隠し金?豪雨被災「萩往還」から銅銭ザクザク(読売新聞)

「市町村負担金」廃止を=原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は9日の閣議後の記者会見で、都道府県が行う公共事業の費用の一部を地元市町村に支出させる「市町村負担金」について、「『ぼったくり』の金を取っちゃいかんと言いながら自分たちも取っているのはおかしな話。しっかりとやめていただくことが必要だ」と述べ、廃止するよう求めた。
 大阪府の橋下徹知事が国直轄公共事業の地方負担金を「ぼったくりバーみたいだ」と批判するなど地方側の反発を踏まえ、政府は維持管理費負担金を2011年度から廃止する法案を今国会に提出している。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
山崎氏、シンクタンク所長に=党政倫審会長には高村氏
日航株、6議員が保有=株主優待で節約狙ったが…
小沢氏追及の手緩めず=喚問要求も世論頼み
自民、小沢氏の喚問要求=福島氏、石川議員は早期辞職を

丸ノ内線が運転再開も停電でまた全線ストップ(産経新聞)
すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収-木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)
書の甲子園 埼玉・松山女子高に優勝杯(毎日新聞)
特定失踪者の中に拉致被害者の可能性 中井担当相が参院決算委員会で言及(産経新聞)
<雅子さま>病状は大きく改善 東宮職医師団が見解(毎日新聞)

トヨタは「顧客の視点欠如」=前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は5日の閣議後会見で、トヨタ自動車の新型ハイブリッド車「プリウス」のブレーキの不具合問題に関する同社の対応について、「会社側は大きな問題ではないとしているが、使う側が決めることだ。顧客の視点がいささか欠如している」として、厳しく批判した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

小沢氏説明責任、今後も要求=「疑惑残る」「国会で解明を」-野党(時事通信)
<「タミフル」事件>個人輸入代行業者4人を釈放 大阪府警(毎日新聞)
横浜事件 65年…「やっと答え」遺族ら万感 無罪判断(毎日新聞)
<公然陳列容疑>公共のPC使いネットでポルノ 少年逮捕(毎日新聞)
<公明>太田前代表の参院選比例擁立見送る方針(毎日新聞)

インフル休校、1月最後の週は3割減(読売新聞)

 厚生労働省は3日、インフルエンザを理由に、1月24~30日の1週間に休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や幼稚園、保育所は1596施設で、前週(1月17~23日)の2159施設から約3割減ったと発表した。

 ほとんどが新型インフルエンザで、厚労省は「減少傾向が見られるものの流行は続いており、注意が必要」としている。

 施設別では、小学校が892校で最も多く、次いで幼稚園250施設、中学校213校、高校111校、保育所75施設などだった。

横浜事件 4次請求の刑事補償決定司法の過失に言及(産経新聞)
国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟(時事通信)
自民、小沢氏の喚問要求=首相は政倫審求めず-衆院予算委(時事通信)
顧問の扱い「対応を指示」=全国町村会会長逮捕で総務相(時事通信)
衆院比例ブロックの定数配分は合憲 選挙無効要求を棄却 東京高裁(産経新聞)

新株予約巡り「時事評論家」増田氏事務所など捜索(読売新聞)

 「時事評論家」の肩書で著書が多数ある増田俊男氏(71)が実質的に経営する投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が、カナダの未上場ハイテク企業の新株予約権を無登録で販売したとして、警視庁は3日、金融商品取引法違反(無登録)の疑いで、増田氏の事務所などを一斉捜索した。

 増田氏は、このハイテク企業を「第2のマイクロソフトになる」と宣伝し、投資家約1000人から約50億円集めたとみられる。

 捜査関係者によると、サンラ・ワールドは2007年10月頃、カナダのハイテク企業「アリウス3D」について、無登録で「近く上場する。株価は40~50倍にも跳ね上がる」などとうたい、茨城県内の男性ら3人に計約500万円で新株予約権を販売した疑い。

【中医協】退院調整、手厚い体制への加算を新設(医療介護CBニュース)
白樺湖氷燈祭 東京スカイツリーの氷像もお目見え 長野(毎日新聞)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
武山百合子元衆院議員、公選法違反で有罪判決(読売新聞)
入院患者から高濃度インスリン、殺人未遂で捜査(読売新聞)

<自民>参院選で2新人を公認(毎日新聞)

 自民党は5日、今夏の参院選の公認候補を発表した。候補者は次の通り。(敬称略)

 <選挙区>新人=長谷川岳(北海道、元YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事)

 <比例代表>新人=田島みわ(元女優)

【関連ニュース】
ロゴマーク:「YOSAKOIソーラン祭り」トラブル
選挙:09衆院選 当選者と確定票 小選挙区・北海道
選挙:09衆院選 開票結果と当選者一覧 小選挙区・北海道
選挙:参院選 自民が長谷川氏擁立へ 現職・中川氏は選考漏れ /北海道
参院選:自民、長谷川氏擁立へ 現職・中川氏は選考漏れ

鳩山首相「検察は公正」 小沢氏不起訴で(産経新聞)
日本海側大雪で夜行列車上下12本運休(産経新聞)
車両接近通報装置、課題解決はメーカーに(レスポンス)
10年度予算、3日審議入り=衆院委(時事通信)
義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に(産経新聞)

公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁(産経新聞)

 平成21年8月の衆院選公示前、運動員に報酬を支払う約束をしたとして公選法違反(買収)の罪に問われた元衆院議員、武山百合子被告(62)の判決公判が2日、さいたま地裁で開かれた。若園敦雄裁判長は「ルールに反してでも当選しようとした犯行で、身勝手」として、懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 若園裁判長は判決で「選挙の公正さを損なった程度は少なくない」と指摘。一方、執行猶予を付けた理由について、武山被告が被告人質問などで政界引退を表明したことなどを挙げた。

 武山被告は、平成5年の衆院選で日本新党から出馬し初当選、衆院議員を4期務めた。17年の衆院選は民主党公認で、21年は無所属で出馬し、いずれも落選していた。

【関連記事】
公選法違反の武山元議員に1年6月求刑 さいたま地裁 
武山元衆院議員を公選法違反容疑で起訴
武山容疑者の事務所など家宅捜索 「期待裏切り許せない」との声も
武山元衆院議員を逮捕、公選法違反の疑い
運動員買収容疑で武山元議員を逮捕 埼玉県警

<東海道新幹線>運転を再開…架線切断、一時ストップ(毎日新聞)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(2)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
首相官邸と小沢幹事長事務所にも=銃弾か、送り付ける-警視庁(時事通信)
福、ウェルかめ!! 成田山不動尊で節分祭(産経新聞)
連続女性殺害で69歳被告の死刑確定へ 最高裁(産経新聞)

「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の障害者団体証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第2回公判が2日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれた。村木被告の共犯とされる「凛の会」発起人、河野克史被告(69)=起訴=が1人目の証人として出廷した。検察側は、捜査を担当した大阪地検特捜部の検事も立会。尋問は検察側から始まった。

 弁護側は初公判で、河野被告が特捜部の取り調べを受けた際、虚偽の自白を強要されたと主張したが、河野被告は証言で、3月15日に始まる自身の公判では起訴内容を認める意向であることを明らかにした。

<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
MR導入教育で新カリキュラム―「医薬品情報」など3科目に(医療介護CBニュース)
松沢知事の著作権侵害認める 12万円賠償命令(産経新聞)
伊丹空港廃止、国交省が検討…橋下知事明かす(読売新聞)
57歳中学教諭、校名シール付いた備品を質屋に入れ御用(スポーツ報知)

<死傷事故>居酒屋に車突っ込み1人死亡、2人重体…横浜(毎日新聞)

 29日午後5時50分ごろ、横浜市緑区鴨居5の居酒屋「梧(あおぎり)」に軽乗用車が突っ込み、同区白山1の会社員、野表(のおもて)茂男さん(55)ら男性客3人がはねられた。野表さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡、ほかの2人は腹部を打って重体。神奈川県警緑署は、車を運転していた同県大和市つきみ野2、自称コンサルタント業、小坂泰男容疑者(44)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、野表さんは同僚3人と訪れ、うち横浜市港北区新羽町、佐古篤さん(17)と川崎市幸区幸町4、菅井茂さん(57)が重体。小坂容疑者の呼気1リットル中0.7ミリグラムのアルコールが検出され、同署は自動車運転過失致死傷容疑などに切り替えて調べる。【高橋直純】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡
札幌テレビ放送:ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送
交通事故:13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕

全焼の車そばに1遺体(産経新聞)
<連続不審死>「セレブ生活」貯金ゼロ…木嶋容疑者(毎日新聞)
<東京メトロ丸ノ内線>煙目撃で1時間、運転を見合わせ(毎日新聞)
鳩山首相、「どうぞ戦って」発言の撤回拒否 参院予算委審議スタート(産経新聞)
12月に全国で皆既月食=11年の暦要項発表-国立天文台(時事通信)

【風】“二律背反”のはざまで…(産経新聞)

 《値上げしても1箱400円では安い》というご意見も少なくないが、諸外国ではどうなのだろうか。

 米国対がん協会が、たばこについての世界各国のデータをまとめた「タバコアトラス」の2009年版によると、平均的なたばこ1箱の値段は、英国で約970円、カナダ約730円、フランス約660円、ドイツ約580円、米国約430円。米国ではこの上に州税や市税がかかったり、店舗ごとの自由価格が認められており、実際にはもっと値段が高くなるという。

 また、たばこ税率はフランス80・4%、英国76・5%、ドイツ75・8%などで、これも日本の58・3%(たばこ特別税を含む)より高い数値となっている。

 昨年10月末、厚生労働省の長浜博行副大臣は「わが国のたばこの小売価格はこの20年で1箱80円しか上がっていない。価格も税も諸外国に比べて相当に低い」と発言したが、確かに欧米との比較の限りでは、高いとはいえないようだ。

 たばこ規制に関する国際的な取り決めとしては、2005(平成17)年2月に世界保健機関(WHO)の枠組み条約が発効された。厚労省によると、発効時の批准国は日本など約40カ国だったが、昨年11月には168カ国に膨らんでいる。

 この条約の中に「たばこの需要を減少させるための価格および課税に関する措置」という条文がある。締約国は、値上げや税率アップがたばこ消費を減らすのに効果的な手段であることを認識し、「たばこ製品に対する課税政策、および適当な場合には価格政策を実施すること」と定められている。

 だが、日本には一方で「たばこ産業の健全な発展」や「財政収入(税収)の安定的確保」を目的とした、たばこ事業法という法律もある。つまり、たばこを規制するための国際的な約束と、たばこ産業を守るための法律という二律背反した矛盾のはざまに立っているわけだ。

 「日本は欧米に比べ、価格政策などたばこ規制のための政策が立ち遅れている」という指摘もあるが、一方で、タバコの栽培農家や販売店の暮らしもある。税率アップの背景には、さまざまな難しい問題が絡んでいるようだ。(U)

【関連記事】
未成年も買える“安値”たばこに問題
禁煙タクシーは時代の流れ?客離れは「杞憂」
住みにくい世の中になった…喫煙者のつぶやき
タバコで毒物、脳梗塞…「私のようにならないで」
たばこ1箱400円…やめますか?

「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
埼玉など連続不審死、女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)
児童虐待も匿名通報=2月から対象を拡大-情報に最高10万円・警察庁(時事通信)
広島20件放火1人死亡、47歳男に懲役25年(産経新聞)
【風】未成年喫煙 安価に問題あり(産経新聞)

「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)

 東京・六本木のマンションで昨年8月、合成麻薬MDMAを服用して容体が急変した田中香織さん(当時30歳)に適切な救護措置を取らずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優の無職押尾学被告(31)の弁護団は26日、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「押尾氏は心臓マッサージなどの救命活動をしており、女性を遺棄したとは言えない。本人も無罪を主張している」と述べた。

<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)
普天間移設「あらゆる選択肢」=答弁書を閣議決定-政府(時事通信)
暖冬だから?出水のツル、最も早い北帰行(読売新聞)
石川容疑者 小沢氏に収支説明 16年報告書の提出前(産経新聞)

首相動静(1月27日)(時事通信)

 午前7時12分、公邸発。「普天間の移設先で徳之島が候補地で出ているという報道があるが」に「ゼロベースでやってるわけだから、どこが入って、どこが入っていないとかいう議論ではない」。同14分、官邸着。同16分、執務室へ。同21分、平野博文、松井孝治正副官房長官が入った。同34分、松野頼久官房副長官が加わった。
 午前8時45分、平野、松野両氏が出た。同51分、松井氏が出た。同52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同57分、参院第1委員会室へ。同9時1分、参院予算委員会開会。
 午前11時53分、参院予算委休憩。同55分、参院第1委員会室を出て、同56分、民主党の参院役員室へ。同57分から午後0時6分まで、輿石東参院議員会長、平野博文官房長官。同7分、同室を出て、同9分、国会発。同10分、官邸着。同12分、執務室へ。同15分、同室を出て首相会議室へ。
 午後0時32分、首相会議室を出て執務室へ。同42分から同51分まで、平野官房長官。同52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同57分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時54分、参院予算委散会。同56分、参院第1委員会室を出て、同58分、国会発。同5時、官邸着。同1分、執務室へ。
 午後5時2分から同30分まで、崔天凱駐日中国大使。同33分、執務室を出て、同34分、大会議室へ。同35分、「新しい公共」円卓会議開始。
 午後7時5分、同会議終了。同8分、大会議室を出て、同9分、執務室へ。
 午後7時11分から同55分まで、平野官房長官、仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相、大島敦内閣府副大臣、階猛総務政務官。
 午後8時22分、執務室を出て、同24分から同30分まで、小ホールで報道各社のインタビュー。「省庁再編の時期は」に「国民目線を大事にしながら、役所の在り方、肥大化しすぎているかどうかも含めて議論していくから、時間はかかるものだと思う」。同31分、官邸発。同32分、公邸着。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

支持率減、小沢氏聴取響く=岡田外相(時事通信)
「今でも信じられず、実感わかない」=不明3カ月で両親-島根女子大生遺棄(時事通信)
【島の風景2010】隠岐・島後 島根県(産経新聞)
マンション非居住者に「協力金」最高裁認める(読売新聞)
雑記帳 秋田で漬物「いぶりんピック」(毎日新聞)

売上高過去最高を更新―ノバルティス(医療介護CBニュース)

 スイスのノバルティス社が1月26日に発表した昨年の全世界売り上げは、443億ドル(前年比11%増)となった。このうち医療用医薬品事業(新薬)は285億ドル(12%増)で、日本では31億ドル(9%増)。

 日本では、新発売した高血圧症治療薬コディオ配合錠およびラジレス錠、気管支ぜんそく治療薬ゾレア皮下注用、慢性骨髄性白血病治療薬タシグナカプセル、加齢黄斑変性症治療薬ルセンティス硝子体内注射液、治療抵抗性統合失調症治療薬クロザリル錠の6製品が寄与した。

 さらに今年に入ってからも高血圧症治療薬エックスフォージ配合錠、2型糖尿病治療薬エクア錠、腎細胞がん治療薬アフィニトール錠の3製品の承認を取得しており、新製品ラッシュとなっている。

 医療用医薬品事業を除く昨年の全世界売り上げの内訳は、ワクチンおよび診断技術関連事業が24億ドル(39%増)、サンド(後発医薬品事業)が75億ドル(5%増)、コンシューマーヘルス(一般用医薬品など)が58億ドル(5%増)だった。


【関連記事】
新規作用機序の降圧剤を発売―ノバルティスファーマ
加齢黄斑変性症のウェブサイトを開設―ノバルティスファーマ
「バイオ後続品」で先行―サンド日本法人
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ
気管支喘息の治療薬を発売―ノバルティスファーマ

<雑誌>「ホームレスと社会」創刊 明石書店(毎日新聞)
<贈呈式>毎日芸術賞、千田是也賞、毎日書評賞の受賞者祝福(毎日新聞)
支笏湖氷濤まつり 30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目-2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)
警視庁警部が痴漢=電車内で、停職(時事通信)
プロフィール

みとまさあき

Author:みとまさあき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。