スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林少女

『少林少女』(しょうりんしょうじょ)は、2008年4月26日に公開された日本映画。概要監督は『踊る大捜査線』で知られる本広克行、主演は柴咲コウ。『少林サッカー』で脚本・監督・主演を務めたチャウ・シンチーが、エグゼクティブプロデューサーとしてクレジットされている。本広と製作者の意向により撮影手法、合成方法等は「極秘」とされており、「広報」「ブログ」等でもあまり具体的な製作過程は公開されていない。山崎、乙黒、蒲生らをはじめとして出演者女優の多くが特撮番組出演経験者であるのも特徴的。また柴咲コウが単独主演するのは「着信アリ」以来4年ぶりである。キャッチコピーは、「彼女に日本は狭すぎる。」。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。ストーリー中国、少林拳武術学校で三千日の修行を終えた凛は、日本へ帰路に着く。しかし、そこで見たのは廃墟となった道場だった。必死にあるものを探しながら、訪ねた中華料理店で、師匠の岩井(江口)に出会う。彼の元にいたミンミンに誘われ、国際星館大学、女子ラクロス部に入る。そこで、驚異的な身体能力をみせる凛。現れたのは田村(岡村)、そして岩井だった。道場の事、ラクロス部のコーチになった理由の解らないまま、凛は初試合に臨む。しかし、彼女はある理由からスタメンに入れず、チームの一員・あさみの怪我で後半から入るも個人プレーをしてしまう。ばらばらになるラクロス部。その数日後、凛は、少年サッカーの輪に入る。「チームワーク」という言葉を理解していく時、バラバラになったチームに一体感が戻っていく。道場も、チームも再建出来そうになった時、車の窓越しにすれ違っていた大場との因縁が訪れる。道場を自ら破門にした岩井の「心」を理解した凛は、大切な仲間を守る為に最後の戦いへと、大学に向かう。キャスト 女子ラクロス部員が通う国際星館大学(ロケ地・静岡県立大学)。劇中ではCG処理で建造物が描き加えられている。国際星館大学女子ラクロス部桜沢凛(背番号0,AT):柴咲コウ清水真実(背番号1,MF):山崎真実近藤あさぎ(背番号2,MF):工藤あさぎ北野佳奈(背番号3,AT):原田佳奈黒岩えり(背番号4,AT):乙黒えり山田麻由(背番号5,AT):蒲生麻由田伏麻見(背番号6,DF):いとう麻見加地裕子(背番号7,DF):千野裕子琢磨美穂(背番号8,G):千代谷美

<峰崎副財務相>参院選不出馬、今期限りで引退(毎日新聞)
<ベルリン映画祭>行定監督「パレード」が国際批評家連盟賞(毎日新聞)
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か-3管(時事通信)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みとまさあき

Author:みとまさあき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。